受賞作品発表: “WCS Photo Championship 2019”

“WCS Photo Championship 2019”の受賞作品をご紹介します。

▼大会スポンサー

WCS Photo Championship 2019

▼WCS Photo Award

▼審査員特別賞

▼ 審査員からのコメント

小栗 徳丸
レタッチ技術の素晴らしさはもちろん大事ですが、そもそも作品やキャラクターの世界観を表現するための衣装やプロップ製作、メイク、ポージング、一瞬を切り取った時の構図。これらを総合的に判断しました。もはや1枚の『絵画』といっても良いレベルまで到達した感があります。

HASEO
みなさんクオリティが高く非常に面白く拝見させていただきました。
その中でも今回の選出基準は「世界感」というものをイメージできているか。それに重点を置いて審査いたしました。
ただ加工しただけではなくその背景やそのキャラクターのイメージに基づいた画面構成ができているか、そういったことを中心に見させていただきました。

増山 修
画面の中でのキャラクターの大小にかかわらず、キャラクター性が一番引き立つバックをどのように考えているかが、写真の見え方を変える大きなポイントだと思います。また、ライティングにこだわっているものは色彩も綺麗でした。

美樹本 晴彦
力作ぞろいで、その中からあえて選ばなければいけないということが大変辛い作業でした。
写真的といいますか、見ようによってはイラスト的とも思えるような画面処理、構図が魅力的に生かされているように感じられた作品を選ばせていただきました。ただ、本当に僅差でした。

近持 大和
衣装へのこだわりはもちろんなのですが、そのキャラクターをいかに表現するか、ということが考え抜かれているように感じました。世界観が1枚の写真から強く感じられる作品という観点で評価をしました。

Follow me!