受賞作品発表: “WCS Video Championship 2019”

“WCS Video Championship 2019”の受賞作品をご紹介します。

▼大会スポンサー

WCS Video Championship 2019

▼WCS Video Award

▼ストーリー、キャラクター部門賞(Character Award)

▼コメディ部門賞(Comedy Award)

▼インパクト部門賞(Impact Award)

▼アイディア賞(Idea Award)

▼審査員からのコメント

小栗 徳丸
昨年から審査させて貰っているので全体的なクオリティアップをひしひしと感じながら採点しました。15秒といった地上波CMに見られるフォーマットに似たものもあり、みなさん研究してらっしゃるなぁ、と感心してます。自己満足からファンを楽しませるエンターティナーとしてのプロ根性を感じました。

増山 修
どれも作品の世界観への愛情が感じられ、選出が難しかったです。ただその中でさらにオリジナリティが出ているものや、情景のディテールにこだわっているものが特に魅力的に映りました。

美樹本 晴彦
コスプレとしての出来栄えはどれも甲乙つけがたく、画面の表現、アクション、構成等の何かが突き抜けている作品を積極的に選ばせていただいたように思います。
ただ、アクションといっても一概に「動」だけではなく、「静」も十分に印象深いアクションと感じました。

近持 大和
どの作品もアイディアにあふれていて、選ぶのが本当に難しかったです。昨年も審査をさせていただいて思ったのですが、15秒という短い時間にすごくパッションが詰め込まれているなあ、と感じました。「コスプレショートムービー」という新しいジャンルで、これからも多くの表現が生まれてくることを期待しています。

Follow me!